2010年09月29日

11.1Vリポ入らずorz

入らなかった第2段orz。

なんか、自虐ネタだな。

きつねでござます。

ワタクシ、諦めが悪いです。

普通の人が絶対無理とかいう事をあの手この手で何とかしようと言う癖があります。

へへw

という事で、11.1Vのリポバッテリーですが、

「もしかしたらあの銃で使えるんじゃねー?」

という事で、搭載テストをしてみました。

ターゲットはM4-PMCとM4-CRW。

この2つはストックが同じです。

という事で、某フィールドにお邪魔した時にフィールドのオーナーの銃を借りて搭載テストしてみました。

突撃開始!

まず、P90に使用しているリポを突っ込む。

難なくクリア。

でも、太いケーブルが災いして、コネクタ部分がカツカツ。

でもまぁ、使える範囲だった。

次に11.1Vのリポ(本日の本命)

バッテリー挿入口は、難なく突破。

よしよし、良いぞ良いぞ!突撃突撃!!!

真ん中まで言ったところで突然止まる。

『隊長!敵の反撃です!!!』


おんやぁ?なんじゃ?

という事で、ストックの中を見てみると、バッテリーサイズを調節する為のフィンが両脇にあり、ミニバッテリサイズの物しか入らないようになっていたorz。

なんてこった・・・。

『て、撤退するorz』


まぁ、中のフィンをぶった切れば入る訳ですが、自分の銃じゃないのでここでストップ。

M4-CRWに1800mAhの11.1Vのリポなんて突っ込んだら、ドンだけのサイクルで回るんだろうか?

配線周り次第だろうけど、35発/秒は越えそうだな。

ストローク短くしないとピストンがクラッシュするかもしれないけどw。



今晩あたりにラージバッテリ互換の11.1Vバッテリをヤフオクに出品しますので、興味のある方は見てみてください。
  
タグ :バッテリ


Posted by きつね  at 10:32Comments(2) LiPo・LiFeバッテリ

2010年09月28日

T字コネクタ vs ミニコネクタ

またエロイ動画撮ってると言われました。
エロイのか?そうなのか?

きつねでございます。

えー、動画ですが、データがぶっ壊れてマトモに見れない動画が1枚。
ディスプレイが反射して見えない画像が1枚。
よーするに「使えねー動画」しか取れてませんorz。

それでも動画から拾える所で拾ってみました。

【計測条件】
P90ドノーマルメカボ
配線は全て交換(シルバーコートテフロン)
FET無し
リポ2200mAh 30C-40C 7.4V 12GA
電圧 7.66V(ストアモードで保管中だった物)

【計測結果】
ミニコネクタ時:7.22V 13.15A
T字コネクタ時:7.38V 14.26A


また、ストアモードでの電圧だったり、ディスプレイに映った数値がで見れた所で拾っているので、実際はもう少し違った値が出るかもしれない。
計測器の特性上、数秒間トリガーを引いて暫らく時間が経たないと安定したデータが取れないのです。

とりあえず、

ミニコネクタはロスが大きい事は良く判った。

電力で10%くらい差が出るのね。

再計測ですね。
今度は充電した状態から計ってみよう。
後はニカドバッテリでの計測かな。
  
タグ :電気系


Posted by きつね  at 01:19Comments(3)電気系

2010年09月21日

電動ガンの配線とコネクタ

きつねでございます。

ここ数日で一か月分くらい更新しているような気がします。

どうしちゃったんでしょうね。

多分『10年以上探し続けていたブツが手に入ったから』かもしれませんが、きっと気のせいです。

電動ガンの配線やスイッチなどの電気回路は、車やバイクのエンジンに例えると燃料供給系と同じ役目になります。

さて電動ガンの配線周りの効率を考えた時に重要なのが

【その回路のボトルネックが何なのか?】

です。

配線と、水道のホースはイメージが似ていますので想像がしやすいのでホースに例えてみようと思います。

水圧=電圧

水流=電流

と見立てると想像しやすいのではないでしょうか。


・配線の効率について

ホースは配線と同じで、太いほど水を良く流せます。

水圧を上げなくても大量の水を流せます。

内径1cmのホースよりも内径2cmのホースの方が水を大量に流せます。

感覚としては

流れた水の量≒モーターのパワー≒マズルエナジー×発射サイクル

に近いと思います。

・コネクタ部のロスについて

例えば内径2センチの水道のホース同士をつなげようとします。

ホースをつなげるのにカプラーという接続用の金具の様なモノを使います。

例えば、このカプラの内径が1cmしか無かったとします。

そうすると、カプラ部分がボトルネックとなり水の流れが悪くなります。

水の流が悪いからホースを太い物に変えたとしてもカプラのサイズが変らなければ、結局カプラがボトルネックとなります。

蛇口の効率が悪いんじゃないかという事で蛇口を付け替えてもやはりカプラがボトルネックになります。

全く意味がありません。

最も問題になる部分を放置したまま、他を改善しても意味が無いという事です。

電動ガンに当てはめるとホースは配線、蛇口はスイッチ、カプラーはコネクタになります。(バッテリは何処になる?水道管か?)

一番ボトルネックになる部分から手を入れていくのがチューンのセオリーだと思います。



脱、ノーマルコネクタ




配線やFETスイッチの性能に差が出てきます。

特に、負荷の大きい流速チューンやハイサイクルではより差が出てきます。

差が出るどうこうよりもコネクタが溶ける可能性があるので注意して下さい^^;。

#本当はFETスイッチなんかのコネクタもT字やヨーロピアンにしたいんですけど、ノーマルじゃないと使えない人の方が圧倒的に多いし、コネクタ交換の事を解っている人の大半は半田コテ使えるから自分でやるんじゃないかという事で、あえてノーマルコネクタで作っています。T字やヨーロピアンコネクタだとコストが高くなってしまうというのもあるんですけどね・・・。本当に良いもの作ったとしても買える値段じゃなくなってしまいます。作り手側のジレンマです。

  
タグ :電気系


Posted by きつね  at 00:28Comments(1)電気系

2010年09月20日

11.1Vリポ、P90に入らずorz

きつねでございます。

P90に入ったリポだけじゃなくて入らなかった方のリポの方も紹介します。




微妙に入りませんorz。

チェストー!と叫びながら押し込めば入りそうな気もしますが、そんな事をしたら『リポ爆発』なんて事も在り得るのでやりません。

#何処をどう間違えたのかわからないんですが、寸法を読み違えたのですよ・・・。一ヶ月もあーじゃない、こーじゃないと探し回っていてこれじゃ意味無いじゃん・・・。



厚さを比べてみます。




右側が7.4Vの30C/40Cのリポで左が11.1Vの1800mAh20C/30Cのリポです。

全長は8.4Vnoミニバッテリーとほぼ同じです。

見た目の厚みはこれくらいの差があります。



11.1V 1800mAh 20C/30C 14GAケーブル

ソコソコの性能なんですがねぇ・・・。

ケーブルが14GAなので1回り細い為、ミニコネクタがギリギリ使えます。

私のようなイケイケなヤツには12GAとかのぶっといケーブルの方が良いのですが、12GAではノーマル互換のミニコネクタが入りません。

14GAがギリギリです。

汎用性は14GAの方が高そうですが、やはり男ならぶっt(ry

・・・まぁ落ち着け自分。

20C/30Cなのでピークで54Aまで行けまのでちょっとしたチューン程度なら余裕です。

というか、この出力でダメだとすると、出回っているリポでやばい物は大量にあるという事になりますが(汗)

でもM14にはこんな感じで入りました。



・・・良いんじゃない?

でもこのM14は嫁入りする事になっているのでこのリポがM14に使われる事はなさそうです。

もしかしたら、M4PMCとか、M4のハイサイクルに入るじゃないかと期待してます。

短小M4(VFC BabyM4+HK416ショートストック)に入れると言う選択肢もありそうですが、そちらにはラージ互換サイズの2650mAhの11.1V(30C/40C)と3300mAh(30C/40C)が使われるので、このリポの出番はありません。

そちらには10GAという凶悪な太さのケーブルが付いてます。

なんか、優秀なんだけど、ウチでは中途半端で出番が無いバッテリーになってしまいました。
  


Posted by きつね  at 21:49Comments(5) LiPo・LiFeバッテリ

2010年09月20日

P90へのリポ搭載

きつねでございます。

コネクタも含めてP90への搭載が完了しました。

他の電動ガン用リポでは決して見る事の出来ない12GAの超極太ケーブルなのでどう収まるか心配でしたが、こんな感じで収まります。









半田付けをしなければなりませんが、ミニコネクタよりもT字コネクタの方が扱いやすいです。

高出力リポの場合、性能を引き出すにはコネクタ変更は必須だと思います。

7A程度しか流せないミニコネクタでは、本来のリポの性能が出せませんし、その負荷は全てノーマルコネクタが受けているという事になります。

くどい様ですが、電圧よりも電流が大きい方がコネクタやスイッチへ等の配線周りの負荷は高くなります。

ノーマルコネクタのロスのお陰でノーマルスイッチが焼けたり溶けたりせずに保護されているという側面もありますが・・・。

リポがニカドやニッケル水素よりもサイクルが上がる理由は大電流が流せても、バッテリーが電圧降下をしないからです。

電圧ばかり気にしている方が殆どですが、ノーマルバッテリーよりも電圧が低いからといって決してスイッチに優しいとか配線に優しいなんてことはありません。

配線やスイッチの焼けは電流値の方が影響が大きいのです。

コネクタは地味なパーツですが、効果はあります。

たかがコネクタ、されどコネクタ。

電気系をチューンする場合、コネクタ変更は避けて通れません。

特にチューンをした銃ほど効果は出てきます。

他の銃も、コネクタを変更して順次リポへ換装していきます。

変更というより元に戻すという方が表現としては正しいですねw。


9/20 15:30追記

少数(各2本)ですが、今回のリポはヤフーオークションで販売致します。
ヤフオク販売前になくなってしまうかもしれませんが、その際はご容赦下さい。
確実に欲しい場合にはメッセージなどで直接ご連絡下さい。
標準で付いているコネクタはXT60という大電流対応コネクタ(90AくらいまでOKらしい)です。
12GAケーブルですのでミニコネクタの取付は難しいと思います。ラージコネクタでギリギリです。
P90にはジャストサイズですが、リポバッテリーは四角いバッテリーなのでミニバッテリーが使用出来る銃に全て使用出来るとは限りません。
ご購入の方はリポバック700円、T字コネクタ1セット(オスメス各1・熱収縮チューブ付き)160円でお譲り致します。

2200mAh 20C/30C 2480円
2200mAh 30C/40C 2780円
共通仕様
・ケーブル 12GA
・コネクタ XT60
・希望があれば、ノーマル互換コネクタ(金メッキ仕様・ラージでも可)をサービス

その他、厚みが微妙に厚く(1~2mm厚かった)P90に入らなかった下記バッテリーも販売します。
ラージバッテリーの変わりに使用できます。
M14へ入れてみましたが丁度良い感じであまり遊びません。

1800mm 20C/30C 3180円
・ケーブル 14GA
・コネクタ XT60
・希望があれば、ノーマル互換コネクタ(金メッキ仕様・ラージでも可)をサービス

P90にはジャストサイズですが、リポバッテリーは四角いバッテリーなのでミニバッテリーが使用出来る銃に全て使用出来るとは限りません。
  


Posted by きつね  at 14:33Comments(0) LiPo・LiFeバッテリ

2010年09月19日

電流計測をやってみた

きつねでございます。

P90の箱出しメカボックスで電流がどれくらい流れるのか簡易的に電流測定してみました。

・2200mAh 7.4V 30C/40Cリポバッテリ
・箱出しメカボックス
・シルバーコートオールテフロン配線(FETスイッチ無し)
・T字コネクタ

まだ短時間しか計測していませんが、結構電流流れているんですね。

10発くらいしか計測していませんが、その時のピークが13.93Aでした。

これだけ流しても電圧は殆ど下がりません。

さすがハイパワーなリポです。

しかし、思ったよりも電流が流れるんですね。
  


Posted by きつね  at 15:29Comments(0)電気系

2010年09月18日

LiPo Inside

きつねでございます。

早速リポをP90に入れてみました。

2200mAh 7.4V 30C/40Cのリポです。

通常使用時で最大66A、ピークで88Aまで流せます。

P90用はもう一種類、2200mAh 7.4V 20C/30Cのリポもありますが、そちらも通常使用時で最大44A、ピークで66Aまで流せます。

1800mAh 11.1V 20C/30Cは微妙に厚く入りませんでしたorz。

あと1mm薄ければ・・・。

でも、M14なんかに入れると、ミニより厚みがあるので収まりが良い感じなんですよね。




P90に入れると、丁度こんな感じにはいります。

リポ自体はジャストサイズですが、銃に入れるときにケーブル部分が少し引っかかりますがそれほど気になりません。入ってしまえば、全くガタツキなどもなくなります。

さて、画像を見て気が付いた方もいるかもしれませんが、ケーブルが強烈に太いです。

大電流が流せるバッテリーなので、それに耐えられるケーブルが使われています。

いくらバッテリーが高性能でもケーブルがショボくては意味がないですからね。


この小型のバッテリーですら12GAのケーブルが使われています。

それだけバッテリーの性能に自信が有るんだと思います。

12GAってどれくらいなのかですが・・・




黒の細いのがノーマルと同じ太さのケーブルで、太い方が12GAのシリコンケーブルです。

参考までに1.25SQ(ノーマルサイズ)のシルバーコートテフロンケーブルもならべて見ました。

導体の直径で3倍くらい違います。

そういえば、一昔前は12GAのケーブルを普通に引き回している人が結構いましたが、今は殆ど居なくなりましたね。  


Posted by きつね  at 23:13Comments(2) LiPo・LiFeバッテリ

2010年09月18日

リポバッテリー到着

ふーん、へ~、そうなのかぁ~。
まぁ、水道の蛇口の閉めても水は止まりません的なレベルの話じゃないのかな?
そういうレベルの話なのにジャンジャン流れる様な話は誤解を生むとおもうんですが、実は本気でソコソコの量が流れると思っているのでしょうか?



きつねでございます。

独り言から始まりましたが気にしないで下さい。

やっと届きました。





1300mAh~3300mAhのLiPoバッテリーが19本もあります。

4000mAhとか5000mAhとかピーク90C放電のバッテリーなんかも注文しようかと思ったのですが、お財布と相談をしてやめました。

やっぱりそれくらいのリポになると値段も半端じゃないです。

今回注文したリポは全て2C充電が可能となっています。

例えば、3300mAhの物は6.6Aでの充電が可能です。

スッカラカンの状態(そんな事したらバッテリーが死にますが)から約30分で充電が完了します。

当然、バランス端子からだけではそれだけの電流の充電はできませんので放電コネクタも繋いで充電します。

勿論普及仕様のバランスコネクタしかないリポ専用充電機でも充電できますが、バランスコネクタの仕様の都合で2Aまでしか充電できません。

但し、最初の数回は完全に活性化されていないので、通常の1C以下の充電をした方が良いとバッテリーメーカーは勧めています。

今の所、全てのメーカーで同じ説明をしているようです。

Hyperionの様なハイエンドリポの場合、6C充電も出来ます。

今回も5C充電できる45C/90Cのリポを発注したかったのですが、ものの見事に売り切れていましたorz。

毎日チェックはしているのですが、人気が非常に高い様で全然手に入りません。



さて、注意してもらいたいのですが、他のリポが2Cを越える充電が出来るかどうかは知りません。

偶々2C充電出来たからと言ってそのセルが2Cで出来るとは限りません。

必ず、メーカーは充電Cを指定しています。

ソレが無い場合、原則1Cで充電するという事になります。

「いや、xxxアンペアでやっても問題ないよ」と言っている人もいますが、この発言事態に問題があります。

#販売側ですら理解していない場合があります。ニカドやニッスイのようにバッテリーが死ぬだけじゃないんですから・・・。

メーカー側はそんな使用方法を想定していないわけです。

リポを危険な物にしない為にも守らなければならない事です。

必ず、『バッテリー側の仕様として明記されている充電C以下』で行ってください。

#あー、面倒なのでこちらで・・・。ニッスイミニは大よそ10C前後の放電が出来ます。そもそも、バッテリーメーカーがCを使わず、最大放電電流xxAと言っているので、そこから逆算するとCが出てきます。
SANYOのニカドミニセルのN500ARは最大放電電流は15Aでした。500mAhのセルでしたので30Cの放電力があったという事になります。ニッスイミニも大よそ15Aなので10C前後という事になります。但し、あくまでも電流だけの話でその時の電圧がどうなのか?という事は、この仕様(?)の中では触れられていません。この事は気が向いたらそのうちに本家の方で。
  
タグ :バッテリ


Posted by きつね  at 19:23Comments(0) LiPo・LiFeバッテリ

2010年09月16日

リポバッテリーが

きつねでございます。

リポバッテリーが届きませんorz。
オアズケをされている犬の様です。
まぁ躾なんてされていない自分なら間違いなく食ってしまいますがw

とにかく待ちます。

  


Posted by きつね  at 18:55Comments(0) LiPo・LiFeバッテリ

2010年09月08日

リポバッテリー注文しました

きつねでございます。
リポバッテリーを注文しました。
いよいよ本格的にリポユーザーです。

一さんにリポリポと囁かれてから1年くらいでしょうかw

注文したのはこんなバッテリーです。
ラージ互換
7.4v 3300mAh 30C/40C
11.1v 2650mAh 30C/40C

PEQ-15に入りそうなバッテリ
7.4V 1300mAh 20C/30C

P90専用のバッテリー3種類(P90のバッテリースペースギリギリ一杯)
7.4V 2200mAh(20C/30C)
7.4V 2200mAh(30C/40C)
11.1V 1800mAh(20C/25~30C)

よほど性能に自信があるのか、ケーブルが半端なく太いです。
一番細いPEQ15に入りそうな物で14GAです。
しっかりとケーブルに金掛けてます。
ケーブルのコストって高いのでケーブルに手抜きしてあるバッテリーって結構多いんです。
どうやらラージ互換は10GAらしいです。

10GAは私も現物は見たことがありません。今までで一番太いのがテフロンの11GAです。

充電も2C充電が可能になってますので、半分の時間で充電出来ます。
でも、最初の4,5回は活性化されていないので1Cで充電した方が良いみたいですね。

コネクタもJST-XHですので一般的なリポ充電器がそのまま仕えます。

ついでに計測器やらLipoバックやら何やらも注文しました。
本気仕様のリポ(2200mAh11.1V45C/90C)が在庫切れでしたorz。
まぁ、ラージ互換でも100A流せますし、P90専用でも50A流せますからね。
早ければ週末くらいに到着予定です。

各バッテリー、余分に注文したので、各バッテリーに付き先着1名様お安くお譲り致しますw。  
タグ :バッテリ


Posted by きつね  at 19:55Comments(4) LiPo・LiFeバッテリ

オーナーへメッセージ

プロフィール
きつね

パーツ専門ショップSFAのオーナー。

千葉でヒッソリとネットショップを運営と、SHS、DA、ZCI、Lonex等海外製のパーツを各ショップ様へ提供するのが主な業務です。


AirsoftCustomPartsShop SFA

秋葉原PORD 1F
レンタルショーケース
No6-14 6-15
販売品目

・リポ
1800mAhミニ
1400mAhスリム
1400mAhセパレート
1300mAhウナギ
1200mAhスリム
1200mAhセパ
1200mAhショートスティック

・Lonexモーター
A2モーターロング
A5モーターロング







< 2010年09>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
アクセスカウンタ