スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年07月30日

リポバッテリーの充電電流

きつねでございます。
リポバッテリーの充電電流は1Cです。
専用充電器だから安心なんて事はありません。
高性能バッテリーだから2C充電できるという事もありません。
バッテリーが何Cまでの充電が出来るかという事を保障しているかどうかです。
やっぱり、扱っている店はこの事は知っておいた方が良いと思うんですよ・・・。

A123SystemsのLiFePO4は確か3C充電までは保障してました。
他社のLiFePO4は知りませんし、エアガン用で高性能なA123Systemsのセルが使用されている物はありません。
  


Posted by きつね  at 23:27Comments(0) LiPo・LiFeバッテリ

2010年07月20日

久しぶりにステアAUG

きつねでございます。

M14とかM16なんかに使うストック内部のケーブルです。



完成品だと多分一番ぶっとい2.5sq(13GA相当)と、ノーマル比で2倍の極太ケーブルで作っています。

昔に比べて電気系を気にする人はあまり居ない様なので需要は無いですがw。

久しぶりにAUG用のFETスイッチを作りました。



IRL3713のデュアルを2つ。

昔は良く作っていたFETスイッチでした。

どれだけ配線を短く太く出来るかっていろいろやってました。

そういえば、嫁に出したAUGはどうしているんだろうか?

  
タグ :FETスイッチ


Posted by きつね  at 01:44Comments(6) FETスイッチ

2010年07月19日

今更ですが第一報

今更ですが第一報

ピストンコントロールFETスイッチですが、第一報が来ました。

正確に言うと、こちらから電話を掛けて聞きました。

とりあえず「まだぁ~」と結果を待っている人たちへ簡潔に報告

・大体同じ位置で止まってくれる。
・某所の何かよりも安定している(今の所)。
・某所の何かの様に焼けることはなさそう。

昨日あたりに  折檻  負荷テストをしていたんじゃないかと。

問題が無いようなら最終的に調整範囲をどうするかを決めれば量産(?)に入れます。
とはいっても、予約制の限定生産みたいな物ですが。
だって、あれ作るの小型化とか面倒なんだもんw

ハイサイクル系のメカボにはやはりダメです。
15発/秒以下でないと、バーストします。
構造上どーにもなりません。
なので、KAC-PDWに積んでやろうと目論んではいたのですが、今の時点で良い感じでサイクルが出ているのでやめました。
仕方ないので、普通のデュアルかトリプルにすることにします。

それと、そろそろ爆音用のパーツ集め始めます。
すでに銃はお店で取り置き中なのですが、今、うちに来ても弄れる状態じゃないのです。

自分の家では出来ない高精度な加工だけは頼んでおります。

なんで家の近くにある有名店に行かないかというと、技術力の差が違いすぎるからなんです。

技術力があって機械加工を出来るショップって有り難いです。


そうそう、手っ取り早く爆音にするには、短めのバレルの銃にラッパハイダーを付ければ終了なんですw

KM企画のラッパハイダーってまだ売ってるのかな?
  
タグ :FETスイッチ


Posted by きつね  at 03:09Comments(2) FETスイッチ

2010年07月17日

えっちなのはイケナイと思います



バッテリーって18禁だったのか!





























有害玩具だからといっても扱いが酷すぎるorz。
  


Posted by きつね  at 00:54Comments(0)雑記

2010年07月15日

検索キーワードに反応してみる

きつねでございます。


もー、どうにかしてくれ!

3連休は3連休じゃなくなった。

電動ハンドガン用の取説も作れないじぇ。

次世代M4用のFETスイッチの計画も進まないじぇ。

射撃会にも行けないじぇorz。

せっかくPDWが戻ってきたのにぃ。

 猫缶  エルカンも付けたのにぃ。





人が本気で何かしようとすると、そこをピンポイントで狙ってスケジュールが突っ込まれるのですよ。





















あぁ、もぅ!

という事で検索キーワードに反応してみる。

【irl3713 販売 】

1個400円でお譲りしております。

必要な材料(熱収縮チューブとかコネクタとか)一式も一緒にお譲りできます。



【ダメ人間に戻ってみようか ミリブロ 】

おーいwww


【電動ハンドガン リポバッテリー 】

7.4Vリポバッテリーで調子よく動きます。純正のバッテリーよりもサイクルは早くなります。

ですが、スイッチが焼けるか溶けます。

次世代M4で1000発持たなかったという話にはビビりました。

性能のイマイチなリポは知りません。

10年以上前のニカド時代から電気系はスイッチ焼けが問題になっていたんですが、最近は、なんでスイッチやけの話が出てこない?

ニカドでも良い感じでスイッチ焼けするのにリポで焼けないってどんだけ出力が無いリポなんでしょうか?

もしくは全然気にしていない?


【スズメッキ 変色 黒 】

おめでとうございます。

黒くなったら銀メッキです。

スズメッキは簡単に黒くならないです。

銀は酸化しやすいのですよ




次回は気が向いたら反応します。  


Posted by きつね  at 00:47Comments(0)雑記

2010年07月14日

基板実装と空中配線

きつねでございます。

眠いです。

更新しないといけないような感じがしたので更新しようと思います。




画像は記事の内容とは多分全く関係ありません。

ただのピストンコントロールFETスイッチの試作品です。

クアッド(IRL3713×4石)になっていますが気にしないで下さい。

今頃は山口で  折檻  耐久テストを受けているんだと思います。



・・

・・・

・・・・

・・・・・

・・・・・・明日電話で聞いてみよう。




さて本題。

FETスイッチの基板実装と空中配線の違いはこんな所です。

【】で囲まれた部分は比較的ロスの多い所。

・FETを基板実装

配線-【半田】-【基板】-【半田】-FET本体-【半田】-【基板】-【半田】-配線

【】は6つ

・FETを配線に直接半田付け

配線-【半田】-FET足-FET本体-FET足-【半田】-配線

【】は2つ

基板実装でも基板のパターン(基板の厚みではなくて電流の流れる部分)を分厚くしていれば良いが、そんな基板があるかどうかアヤシイ所だ。
まぁ、他にも基板実装はロスになりやすい作りをしていたりする訳なんです。
じゃぁ、なんで基板を使うのか?


答えは簡単。

・半田付けが楽になるから簡単に作れる
・半田付けスキルが低くても歩留まりが良い
・短時間で半田付け作業が終わる

大量生産する場合には全然安いんです。


  
タグ :FETスイッチ


Posted by きつね  at 01:45Comments(0) FETスイッチ

2010年07月08日

ウソほど本当に聞こえる

独り言です。
文句や批判のコメントはヤメテね。
貴方がどう思うかは貴方の勝手ですし、私が思っていることを書いているだけです。
でもさぁ、未成熟な業界とか、あまり裏づけが取れていない業界にこういうのって多くない?



ウソほど本当に聞こえる
そう思いませんか?
数年前まで言われていた”整流効果”って何処に行った?
「整流効果」という言葉で集弾の話になっていき、「整流効果」のあるパーツに交換すると当たる様になるという方程式がなぜか一般的になってましたね。
当時は「全て乱流だ」って言った所でだれも聞きやしねぇ。
乱流と言っていた人たちは異端児扱いだった訳です。
・・・乱流の方が正しいのですよ?
でもね、乱流の方が聞く側には都合が悪いのですよ。
弾が当たらないわけですから。




流速チューンなんて、10年くらい前なんかは、馬鹿じゃね?とか、んな事ある訳ねーよ。とか、物理的に有り得ないだの、とんでもないヤツになると流体力学の話まで始めて有り得ないとまで言われてました。

散々有り得ないとか言っていた人達、どうしちゃったんでしょう?

流速チューンについて理論的、学術的な話は私はしません。というか出来ません。
あんなモン、理論は自分の理解を超える範囲の物だし、もし理論的、学術的に説明できるだけの知識があるならば、そちら(流体力学)を本業で食っていった方がよほど金になるんじゃない?
とにかく流体力学の最先端で食っていけるんじゃね?というレベルの物です。

あくまでも仮説での話ならば構いませんが、そうで無い事を「真実」の様に表現するのはどうなのかと。
理論的にはそんなハイレベルの物ですので、流速チューンの理論的な話をする方々は流体の研究をされていて、国内トップレベルの科学者なのだと私は思っているのです。
又はUSO800かw。

仮説で話をしているなら別ですよ?

流速チューンは私の理解を超える話ですし、概要をざっくり聞いだけです。
私自身は”どの様にすれば良い”という事のみを判っているだけです。
その為の方法は1つじゃ無いわけで、色々な方法があり、それぞれの方法でトレードオフがあってセッティングしていく訳です。
チューン内容は簡単な事です。
大した事じゃない。
大げさだよ。
読んで字の如く、”流速”を上げるチューンだから。

とまぁ、馬鹿正直な為、色々と損をしています。ハイ、いや本当に・・・。


とにかくウソが多すぎる業界だ。

水商売(高い「何とか水」を売っている人たち)と同じなんだろうな・・・。


#ウソって聞く人にとって都合の良い情報ばかりで固める事が出来るわけです、真実というのは聞く人に不利になる情報があったりするわけで、あまり気持ちの良いものじゃない場合がある訳です。だとしたら、ソレらしいウソを聞いて納得して商品を買うのは当然の行動なのかもしれない。
















0.2gで80m/sの弾速の銃で1Jカツカツに弄った銃よりも遠くに弾を飛ばしてヒッソリと楽しんでたのに・・・。あぁ、もうw。クルツPDWでどうやって遠くまで弾を飛ばしていたのかバレバレじゃないか!  


Posted by きつね  at 01:52Comments(2)雑記

オーナーへメッセージ

プロフィール
きつね

パーツ専門ショップSFAのオーナー。

千葉でヒッソリとネットショップを運営と、SHS、DA、ZCI、Lonex等海外製のパーツを各ショップ様へ提供するのが主な業務です。


AirsoftCustomPartsShop SFA

秋葉原PORD 1F
レンタルショーケース
No6-14 6-15
販売品目

・リポ
1800mAhミニ
1400mAhスリム
1400mAhセパレート
1300mAhウナギ
1200mAhスリム
1200mAhセパ
1200mAhショートスティック

・Lonexモーター
A2モーターロング
A5モーターロング







< 2010年07>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
アクセスカウンタ